洗える着物のランクの違いは、何?

現在の生活の中では
着物を楽しむときのアイテムの一つに
洗える着物があると重宝します
 おめしになられますか?

実際手にしてみると価格もさまざま
何がいいのか、どう選べばいいのか…
選ぶなら 品質のいいものを選びたい

 「あら、化繊の着物なの?いい着物ね」
…その着物とは どんな着物のことをいうのでしょう

洗える着物・化学繊維の着物のことを
昔は人絹(じんけん)といいました
 *人造絹糸(じんぞうけんし)の略です
日本初の洗える着物の素材は
レーヨンだったと言われています
原料に木材パルプが使用されている再生繊維
だから染料が染まりやすく色は鮮やか
ただ、ちぢみやすくて
お手入れが思った以上に大変だったんですね
ですから、開発された当初は人絹と呼んで
正絹よりもワンランク下の位置づけがなされました

つまり…
化学繊維は
天然繊維をめざしてつくられた ということ
天然繊維の限界を見越してつくられたものなのです
絹をめざしてつくられた化学繊維が
レーヨンやポリエステル
おなじみの洗える着物の素材です

 ちなみにアクリルは?…羊毛をめざしました
  アクリルのセーター、ありますよね

だから、
「化繊の着物なの?いい着物じゃない」とか
「化繊?全然わからない」なんて感じるとき
それは天然繊維と変わらない ということなのです

たしかに化学繊維をつくる技術は日々進化し
今では糸の断面図からしてほとんど絹と同じ
絹ずれの音すらも再現されているものもあり
一見してそれが正絹か化学繊維か
識別できない着物だってあるのです

 お手にした生地がどれだけ天然繊維に近いか
 それが品質 ランクの違い
 そしてそれは、価格にあらわれます
 洗える着物の品質の差は
  ずばり!価格の差なんですね

もちろん着物は生地だけではなく
お仕立てもありますから
価格のなかみはもっと吟味したいところです

もう一つ
洗える着物を楽しむときの注意点
正絹だから着物の格が上
化繊だから着物の格は下 という違いはありません
素材が正絹でも化学繊維でも、おんなじ。
小紋は小紋、色無地は色無地 です

洗える着物を楽しみましょう
天候を気にせず 目的に合わせ 気軽に
何よりもお手入れが簡単!
今の私たちの生活にマッチしている洗える着物
正絹に近いワンランク上の洗える着物を
ぜひお手にしてみてくださいね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です